水産系シンガーソングライター牧野くみです。先日山口県下関にある唐戸市場へ行ってきました!地方それぞれの特色がある市場巡りが大好きで、ライブ活動の合間を見ては市場へ訪れています。

今回の活動拠点は福岡県の北九州エリアだったのですが、門司港から船で5分くらいで下関に来れちゃうんです。

下関と言えば何と言ってもふぐ。市場の周りはとにかくふぐの圧がすごかったです。

唐戸市場入り口のマスクをしたふぐ

唐戸市場の中へ入ると早速マスクをしたふぐがお出迎え。ふぐを扱う様々なお店が立ち並び活気に溢れていました。中にはふぐの自販機も!日本で唯一だそうです。

ふぐの自動販売機

そしてふぐと並んでこの唐戸市場の名物はもう一つ、週末に開催される寿司バトル「活きいき馬関街」です。

https://www.karatoichiba.com/bakangai/

寿司バトル…何という魅力的な響きでしょう…。

午前中早い時間からいくつものお店がお寿司や海鮮どんぶりを販売しており、たくさんのお客さんでごったがえしています。お寿司は一貫単位から購入することができます!

一貫単位で買えるお寿司たち

どれもおいしそうすぎてめちゃめちゃ迷ったのと物珍しさで、市場の中をずっと何週もぐるぐるしてしまいました。寿司に酔えます…。

ふく汁とアジ、ふぐ、くじらの握り

最終的においしそうだったアジ、そして下関らしいふぐとくじらの握りに”ふく汁”をチョイス。そう、こちらの地域ではふぐを濁らずに「ふく」と呼びます。幸せを呼び込む「福」にかけているのだとか。もみじおろしの薬味も関東ではあまり見かけないので新鮮!

ふぐの地方名は他に「キタマクラ」「てっぽう」などがあります。いずれも毒に当たるという事が由来ですが、下関の「ふく」は毒にフォーカスしておらずハッピー全開です。

ふぐの唐揚げ

一口サイズの唐揚げも頂きました。ふぐの身は弾力があるので、白身魚ながらしっかりした食感を楽しめます。

高級店に行かずとも、色々なふぐ料理を少量から気軽に食べられる環境に驚きます。「ふく」の名の通り幸せすぎます…。

購入したお寿司や唐揚げは、市場の外の海が見える芝生で食べました。これもまた一興。

自然を感じながら食べたふぐは格別でした!

筆者プロフィール:
水産系シンガーソングライター 牧野くみ
魚食×アートの可能性を探る。ととけん1級所持。
2022年4月サバをボサノバのリズムに乗せた新曲「サバノート」リリース。
各種ダウンロード・サブスクより好評配信中!
https://linkco.re/gN6eTeZ2

関連記事

網走に訪れたら絶対食べて!特産「イバラガニ」を使った絶品ジェラート

サメ食文化が根付く新潟県上越地域で食べたい!サメのタレカツ丼や新鮮な海の幸

軽く炙ると香ばしさ際立つ噂のじゃこ天!笹かまぼことの関係とゆかりの武将とは

〇〇飼育数日本一!新潟県の「上越市立水族博物館 うみがたり」に行ってみた

連日の暑さが辛いなら、オホーツク海の流氷で涼んでみては?流氷を手に入れる意外な方法

今年の夏は海を大満喫!ふるさと納税でできる、ひと味違った海の体験4選