ズワイガニのシーズンは冬ですが、コロナ以前はこれからの行楽シーズンに観光地で食べるなんて方もいたはずです。やはりズワイガニは、観光に行った際の食の目玉としても人気なので、オールシーズンで楽しめるよう加工品の開発もそれなりにされています。

そこで、今回ご紹介したいのが、石川県輪島市でつくられている「海女小屋の香箱かにご飯の素」。

こちらは、地元石川で取れた香箱かに(ズワイガニのメス)をシーズン中に加工した炊き込みご飯キットです。
この商品には、浜のかあちゃんたちによって、丁寧に茹でられて剥かれたズワイガニの身や内子(卵巣)、外子(卵)が入っており、特性の出汁が付属しています。自宅で手軽に現地さながらな炊き込みご飯がいただける人気の品です。

ところで、ズワイガニというともっぱら大きくなり高値がつくのはオスの方ですが、ズワイガニの産地の地元民はもっぱらメスの方が好きという人も多くいます。それは、茹でるとホクホクして独特の甘みがある内子、シャキシャキとした独特の触感の外子が絶品だからなのですが、「海女小屋の香箱かにご飯の素」はそれらもちゃんと味わうことが出来ます。

完全手作りの珍しい品なので、見かけた際には、ぜひとも味わいたいところです。

香箱かに

※参考ページ
輪島海美味工房(わじまうみこうぼう)

※さらに詳しい内容はこちらの記事にて
カラふる「漁師のかあちゃんが開発した加工品が人気。輪島朝市の新名物」

【筆者プロフィール】
さかなのNEWS編集部
魚、漁業、水産業のことを「広く」「深く」「ゆるく」伝えています。

関連記事

「大トロうなぎ」シリーズに白焼きが登場! ふるさと納税で人気な「大トロうなぎ蒲焼」の姉妹商品

10年ぶりの「生牡蠣」|過去に当たった私が、村上龍に影響されて食べてみた結果…

まぐろの部位が11種も!「くろば亭」の「三崎鮪一匹盛り」がすごい

「ホタテ」より美味い!?「月日貝」が売っていたので買って捌いてレポートしてみた

「うなぎが美味しい」都道府県 2位は鹿児島県、1位は?うなぎに関して1000人に聞いてみた

どこのうなぎが一番美味しい?|うなぎの産地別特徴をまとめてみた