カツオの旬はといえば、春の「初ガツオ」、秋の「戻りガツオ」というのが一般的です。しかし、季節外れの冬に獲れるカツオは、なんと大間のマグロよりも高値が付くんだとか…。今回は幻の超高級「迷いガツオ」について調べてみました。 「迷いガツオ」なんて、聞いたことがないという人が多いのではないでしょうか?

魚介のEC(インターネット通販)で2021年何が売れてたのか?2021年に売れた魚介について、魚介のECを運営するSAKAMAさんにそのランキングを伺いました。 SAKAMAショップ2021年 売れ筋(出荷数量)ランキング 1位 〇〇〇〇○〇〇〇〇 2位 銚子冷凍イセエビ 3位 朝どれ! 鮮魚ボックス

魚介のEC(インターネット通販)で今、何が売れているのか?12月度(12月1日~20日)に売れた魚介について、魚介のECを運営するSAKAMAさんにそのランキングを伺いました。 SAKAMAショップ2021年12月度 売れ筋(出荷数量)ランキング 1位 〇〇〇〇 2位 本タラバガニ 冷凍

お好みの具と海苔との相性が最高な巻き寿司。巻き寿司は、鉄火巻きやかっぱ巻きなどの「細巻き」、〇〇県発祥とされる「太巻き」や節分の「恵方巻」、パーティーなどにお手軽な「手巻き寿司」など、様々なバリエーションがあります。 みなさんは、巻き寿司は何の具が好きですか?私は「とろたく」が大好きです。

釣り船の乗船料金はだいたい8000円前後ですが、3枚釣れば元を取れちゃう高級魚が、今まさに旬を迎えています。その高級魚は、「〇〇○○」です。○○○○は秋から冬に旬を迎え、肝は「海のフォアグラ」と称されるほど絶品の代物。 実は12月上旬に1匹分の量と思われるお刺身が、税込3,122円で販売されていました。

さかなプロダクション(東京都千代田区、代表:長崎 一生)が事務局を務める「細胞水産業を考える会」は、「魚介類の細胞培養肉生産「細胞水産業」最新動向解説セミナー2021」を参加費無料にて12月14日(火)にオンラインで開催します。 魚肉の細胞を培養して増やす新たな生産技術「細胞水産業」が注目されています。

イベント情報

魚介のEC(インターネット通販)で今、何が売れているのか?11月に売れた魚介について、魚介のECを運営するSAKAMAさんにそのランキングを伺いました。 SAKAMAショップ2021年11月度 売れ筋(出荷数量)ランキング 1位 〇〇〇〇 2位 本マグロ大トロ 3Kgブロック 3位 サロマ湖 かき

御徒町の魚介類専門スーパー・吉池をパトロールすることが私のライフワークの一つです。少し前になりますが、ムラサキウニが一つ540円の半額、270円と大変リーズナブルだったので、せっかくだから自分で開けてみよう!と思い立ちチャレンジしてみました。

コロナ禍において、野外でアクティビティを楽しむ人は多いのではないでしょうか?釣りもその1つです。そんな、密かな釣りブームの影響か、SNSやメディアを通じて釣りの楽しさを発信するアングラー(釣り人)が、求められています。 〇釣り人に年間活動資金120万円支給?!

釣り

この記事、さかなのNEWSの記念すべき100本目の公開記事となります。これまで、ゆるいニュースやら、無駄なニュース、たまにタメになるニュースを投稿してきましたが、ここまで来られたのも一重に読者の皆様のおかげです。 編集部一同、熱く御礼申し上げます!!