スーパーやデパート、魚屋などの食料品売場で「うなぎ蒲焼き」を買う人も多いかと思います。そんなときに気になるのが選び方。今回は、店頭でのうなぎを選ぶポイントをご紹介します。 1.「細長い」はNG、「幅の広い」うなぎを選ぶ 2.「分厚い」はNG、「平べったい」うなぎを選ぶ

魚の目利き

「さかなのNEWS」編集部を統括するさかなプロダクションでは、7月20日に『「土用の丑」のうなぎに関する消費者アンケート調査』を20代~70代以上の男女1000人を対象に実施しました。 その中には、『あなたが思う「うなぎが美味しい」都道府県をお選びください。(いくつでも)』というものがあり、次のような結果となりました。

やってみた

「ニュートン別冊 近畿大学大解剖vol.2」が発売されました。第二特集では、クロマグロ完全養殖(近大マグロ)で有名な水産研究所が取り上げられています。 特集中では、クロマグロ完全養殖、キャビア量産化、ゲノム編集によるマダイの品種改良、クエの交雑による巨大化、ウナギ完全養殖などについて研究の最新動向が掲載されています。

魚の研究

毎週日曜日11時に音声SNSClubhouse上で行われている、魚好きコミュニティ「さかなの会」のトークルーム。7/25のテーマは、「うなぎ」。美味しいうなぎのお店や食べ方などの話題で盛り上がりました。 その一部の内容をお伝えしたいと思います。 1.売っている「うなぎの蒲焼」を美味しくする方法

土用の丑が間近ということで、うなぎが巷にあふれる季節となってきました。うなぎには様々な産地がありますが、どこの産地のうなぎが美味しいのか気になったことはないでしょうか。 今回、私が実際にいろいろなうなぎを食べてみた経験から感じていることをまとめてみたいと思います。

1㎏あたり数十万もする超高級魚といえば?実はこの高級魚、ノドグロでも、フグでも、クエでもありません。驚くことに、大きさ6~7㎝ほどの小さな魚なのです。今回は、この小魚の正体と高値の秘密に迫ります。 寿司ネタでもおなじみの「コハダ」。コハダは、出世魚と言われ、成長していくにつれて、呼び名が変わります。

2021年今年の土用の丑は7月28日(水)ということで、あと1週間となりました。色々なところで、うなぎを見かけるようになってきましたが、何やら「今年のスシローさんのうなぎメニューがすごい!」というので、実際に行ってみました。 向かったのは、東京にあるスシロー有楽町店。

回転ずし

さかな好きのゆるいコミュニティ「さかなの会」では、毎週日曜午前11時から音声SNSのClubhouseで集い、様々な魚談義をしています。今回は、その中での一コマをお届けします。 7月18日(日)の回では、「BBQで食べたい魚介」というテーマでトークを繰り広げました。そこで出た魚介は、王道から意外なものまで様々。

楽しいはずの海水浴にも危険が潜んでいます。実は、2019年に発生した水難事故は1298件にも上ります(警察庁の調べ)。さらに、その半数近くが亡くなるか、行方不明となっています。 いずれにせよ怖いのが水難事故。今回は、海水浴に行く前に知っておきたい「離岸流」の知識と、それへの対処法について紹介します。

海洋レジャー

回転ずしチェーン最大手のスシローは、記念すべき600 店舗目となる『スシロー浅草六区店』を7 月15 日(木)にオープンしました。これを記念して、次の2つのキャンペーン企画を実施しています。 1.脂のり抜群の「大とろ」を特別価格で提供 2.「ユニクロ浅草」とのコラボ

回転ずし