4月は、入園、入学、入社などおめでたい事が多いシーズンです。そんなときは、めでたい縁起物である真鯛を食べたくなったりします。

 3月下旬に料理雑誌を発行するオレンジページが営む料理教室「コトラボ」にて「学んで、ほおばる! 真鯛ナイト」というイベントを開催しました。刺身、塩焼き、鯛めし、アラ汁といった様々な食べ方で天然真鯛と養殖真鯛を食べ比べたり、全国の真鯛の加工品をいただいたり、日本酒とペアリングしたりと盛理沢山な内容でおいしく真鯛をいただきました。

 天然と養殖の味の違いはハッキリとしています。天然ものはうま味が強くて歯ごたえがありしっかりした味わい、養殖ものは脂が多くてやわらかくまろやかな味わいであることが多いです。これはどちらが良い・悪いということではなく、用途や好き好きによって使い分けるとより料理が美味しくなります。

 日本酒とのペアリングでは新潟県の糸魚川市で造られている「謙信」も登場し、参加者から「真鯛と合う!」「おいしい!」という声が聞かれていました。

 真鯛は、特に天然物を中心に春先に多く水揚げされます。この季節は、ぜひともめでたい真鯛を食べたいところです。

※上越タイムス 2019年5月第二土曜日 首都圏コラム より内容を編集して掲載

真鯛のイメージ画像

筆者プロフィール:
さかなのNEWS編集部
魚、漁業、水産業のことを「広く」「深く」「ゆるく」伝えています。

関連記事

「かつお」から「うつぼ」まで|「島ぽち」の伊豆大島グルメがヤバ旨かった件

捕獲した「イシガニ」で高級韓国料理「カンジャンケジャン」を作ってみた結果…

高級韓国料理「カンジャンケジャン」を作るため、「ワタリガニ」捕獲を試みた結果…

「大トロうなぎ」シリーズに白焼きが登場! ふるさと納税で人気な「大トロうなぎ蒲焼」の姉妹商品

10年ぶりの「生牡蠣」|過去に当たった私が、村上龍に影響されて食べてみた結果…

まぐろの部位が11種も!「くろば亭」の「三崎鮪一匹盛り」がすごい