「さかなのNEWS」編集部を統括するさかなプロダクション(代表:ながさき一生)では、7月20日に『「土用の丑」のうなぎに関する消費者アンケート調査』を20代~70代以上の男女1000人を対象に実施しました。

その質問の中には、『あなたが思う「うなぎが美味しい」都道府県をお選びください。(いくつでも)』というものがあり、次のような結果となりました。

<Q10.あなたが思う「うなぎが美味しい」都道府県をお選びください。(いくつでも)>

1位 静岡県       27.4%

2位 鹿児島県    12.9%

3位 愛知県       12.4%

4位 東京都       5.5%

5位 高知県       5.0%

ということで、見事1位に輝いたのは静岡県。うなぎ養殖の発祥の地で養殖の歴史が長いとともに、うなぎの食文化も根付く同県が1位というのは頷ける結果です。

2位は、うなぎの生産量No.1の鹿児島県。3位には、生産量No.2で、「ひつまぶし」などの食文化が根付く愛知県が続く結果となりました。

4位は、東京都。現在の形のうなぎ蒲焼きは、その発祥が江戸時代の江戸と言われています。うなぎの食文化が根付く地としてのイメージから、このような結果になったと思われます。

5位は、高知県。四万十川に代表される清流のイメージが強いため、上位に食い込んだと思われます。

…本日は土用の丑。皆様、美味しいうなぎが食べられますように

※アンケート調査の概要

 『「土用の丑」のうなぎに関する消費者アンケート調査』は、インターネット調査を使い、20代~70代以上の男女を対象に全国450万人の調査モニターに対し10の質問を伺う形で実施しました。調査開始日は、7月20日(火)(土用の丑である7月28日から8日前)でその日のうちに調査を終え、1000人から回答を得ました。

<調査概要>
・調査名:「土用の丑」のうなぎに関する消費者アンケート調査
・調査方法:インターネット調査
・調査実施日:2021年7月20日(火)
・調査対象:一般消費者
・回答者 :全国450万人の調査モニター
・回収数 :1,000人(20代~70代以上の男女)
      ※20代男性100名、女性100名といったように各年代の男女で100名ずつ回答を回収。
       70代以上は1つの年代として、70代以上男性100名、女性100名として回収。

うなぎ蒲焼きのイメージ

※うなぎの産地別解説を下記の記事にて行っています。よろしければお読みください。
土用のウナギ、5大産地を食べ比べ。お取り寄せするならどこ?(カラふる)

【筆者プロフィール】
さかなのNEWS編集部
魚、漁業、水産業のことを「広く」「深く」「ゆるく」伝えています。

関連記事

捕獲した「イシガニ」で高級韓国料理「カンジャンケジャン」を作ってみた結果…

高級韓国料理「カンジャンケジャン」を作るため、「ワタリガニ」捕獲を試みた結果…

「大トロうなぎ」シリーズに白焼きが登場! ふるさと納税で人気な「大トロうなぎ蒲焼」の姉妹商品

10年ぶりの「生牡蠣」|過去に当たった私が、村上龍に影響されて食べてみた結果…

まぐろの部位が11種も!「くろば亭」の「三崎鮪一匹盛り」がすごい

「ホタテ」より美味い!?「月日貝」が売っていたので買って捌いてレポートしてみた