初夏は海藻も美味しい季節。その海藻の代表格といえばワカメ。ワカメといえば、春の食べ物という印象が強いですが、私の地元である新潟県糸魚川市筒石では、初夏にワカメ採りを行います。

筒石でのわかめ採りの様子

このワカメ取りは、岩場に生えた天然物を取り、村中で選別、塩もみといった処理を行うのですが、各家庭に割り当てられる量には凄まじいものがあります。例えば、2020年の場合は、1家庭あたり約70Kg!

割り当てられたワカメは、親戚に分けたり、仲間内に販売したりするのですが、それでも1家庭に割り当てられる量はとてつもない量となります。このワカメを1年かけて消費するのですが、なぜこんなにもワカメが必要なのでしょうか。その理由は、朝ごはんにありました。

漁師をしていた我が家では、朝ごはんは毎日「ワカメのおじや」でした。作り方は、前日のワカメの味噌汁に少々のご飯を入れておじやの素をつくり、それを冷ご飯にかけて混ぜるというもの。こうすることで、ちょうどいい温度になって食べやすくなります。

なぜ、このような「ワカメのおじや」を毎朝食べるのかというと、それは時化や漁具の故障、予想外の大漁といった理由で、船が急に入ってくることがあるからです。そんな時でもチャチャッと朝ごはんを食べられる工夫がこの「ワカメのおじや」にはあるのです。

毎日でも飽きない「ワカメのおじや」は、磯の香りも漂い絶品です。海の恵に感謝しつつ迎える朝には気持ちの良いものがありますよ。

【筆者プロフィール】
さかなのNEWS編集長・ながさき一生
漁師の家庭で18年間家業を手伝い、東京海洋大学を卒業。現在、同大学非常勤講師。元築地市場卸。食べる魚の専門家として全国を飛び回り、魚好きのゆるいコミュニティ「さかなの会」を主宰。

関連記事

あの美食家「魯山人」に食べさせたい回転寿司のネタ|2位は「えびアボガド」、1位は?

太宰治に物申す!カニの栄養とコスパ最高な「トゲクリガニ」にまつわるお話

「タイのタイはタイだけじゃない!」その意味とは?

※絶対に真似しないでください。「ハコフグ」を捌いて出てきたトテツモナイものとは…

「母の日」と魚の関係は?|母の日に贈りたかった魚介のプレゼントを終わってから考えてみる

「鯉のぼり」と「こどもの日」は関係がない?改めて確認したい5月5日に「鯉のぼり」を揚げる理由