釣り船の乗船料金はだいたい8000円前後ですが、3枚釣れば元を取れちゃう高級魚が、今まさに旬を迎えています。その高級魚は、「カワハギ」です。カワハギは秋から冬に旬を迎え、肝は「海のフォアグラ」と称されるほど絶品の代物。

旬を迎えたカワハギ

実は12月上旬にデパ地下を訪れた時に、カワハギの刺身を発見。おそらく1匹分の量と思われるお刺身が、税込価格3,122円で販売されていました。た、高い…。また別の日では、都内のお寿司屋さんで、カワハギの寿司が一貫1,000円を超えていました。

税込価格3,122円で売られていた天然カワハギ

そんな高級魚カワハギですが、実はもっとコスパよく手に入れる方法がありました。それは、自分で釣ること!カワハギの肝が肥える秋から冬のシーズンは、カワハギ狙いの釣り船があり、特に関東近辺では、その数も多いです。

釣り船では良型のカワハギも釣れる

乗船料金が約8,000円としたら、3枚釣れば元が取れますね。12月の東京湾の釣果を見ると1人で80枚釣っている人もいました…!1枚3,000円で計算したら24万円…。新鮮で美味しいカワハギをお腹いっぱい食べることができそうです。

一義丸の立川船長が釣った83枚のカワハギ

みなさんも高級魚カワハギをお腹いっぱい食べるために、釣り船を利用してみるのはいかがでしょうか?

肝とお刺身を一緒に食べるのが絶品!

※参考ページ
一義丸:https://kazuyoshimaru.com/blog.php
丸十丸:http://www.marujyumaru.jp/

筆者プロフィール:
さかなのNEWS編集部・小菅綾香 釣り船の娘として生まれ、釣り歴21年。
現在、東京海洋大学の大学院生。

関連記事

鬼怒川で釣りと温泉を満喫♪日帰り温泉の釣り堀でニジマスの喰い付きがバツグンの理由

「大間のマグロ」より高い!?幻の高級魚「迷いガツオ」とは?

初心者でも大丈夫!サポートアングラー募集!釣り人に120万円支給する企業も

「かつお」から「うつぼ」まで|「島ぽち」の伊豆大島グルメがヤバ旨かった件

「大トロうなぎ」シリーズに白焼きが登場! ふるさと納税で人気な「大トロうなぎ蒲焼」の姉妹商品

10年ぶりの「生牡蠣」|過去に当たった私が、村上龍に影響されて食べてみた結果…