釣り船の乗船料金はだいたい8000円前後ですが、3枚釣れば元を取れちゃう高級魚が、今まさに旬を迎えています。その高級魚は、「カワハギ」です。カワハギは秋から冬に旬を迎え、肝は「海のフォアグラ」と称されるほど絶品の代物。

旬を迎えたカワハギ

実は12月上旬にデパ地下を訪れた時に、カワハギの刺身を発見。おそらく1匹分の量と思われるお刺身が、税込価格3,122円で販売されていました。た、高い…。また別の日では、都内のお寿司屋さんで、カワハギの寿司が一貫1,000円を超えていました。

税込価格3,122円で売られていた天然カワハギ

そんな高級魚カワハギですが、実はもっとコスパよく手に入れる方法がありました。それは、自分で釣ること!カワハギの肝が肥える秋から冬のシーズンは、カワハギ狙いの釣り船があり、特に関東近辺では、その数も多いです。

釣り船では良型のカワハギも釣れる

乗船料金が約8,000円としたら、3枚釣れば元が取れますね。12月の東京湾の釣果を見ると1人で80枚釣っている人もいました…!1枚3,000円で計算したら24万円…。新鮮で美味しいカワハギをお腹いっぱい食べることができそうです。

一義丸の立川船長が釣った83枚のカワハギ

みなさんも高級魚カワハギをお腹いっぱい食べるために、釣り船を利用してみるのはいかがでしょうか?

肝とお刺身を一緒に食べるのが絶品!

※参考ページ
一義丸:https://kazuyoshimaru.com/blog.php
丸十丸:http://www.marujyumaru.jp/

筆者プロフィール:
さかなのNEWS編集部・小菅綾香 釣り船の娘として生まれ、釣り歴21年。
現在、東京海洋大学の大学院生。

関連記事

閲覧注意!イソギンチャクが売っていたので食べてみた…|牧野くみのお魚ライナーノーツ

キロ2万円超えの高級食材 クジラの高級部位「鹿の子」が売っていたので食べてみた結果…

小魚がソフトクリームにまとわり付く見た目が圧巻!!江ノ島で見つけた「しらすソフト」がすごい…

京急「えきめんや」の三崎まぐろ祭り、終売まであと僅か!三崎の人気店「くろば亭」とのコラボ

北海道産のシャシモは、オスの方が美味しい!?なぜなのかを調べてみた

エア・ドゥが北海道産のほたてスープを機内で期間限定提供|実際に飲んでみた感想…