さかなプロダクション(東京都千代田区、代表:長崎 一生)が事務局を務める「細胞水産業を考える会」は、「魚介類の細胞培養肉生産「細胞水産業」最新動向解説セミナー2021」を参加費無料にて12月14日(火)にオンラインで開催します。

「細胞水産業」 最新動向解説セミナー2021

魚を獲ったり、養殖したりするのではなく、魚肉の細胞を培養して増やす新たな生産技術「細胞水産業」が注目されています。

生きている細胞そのものを培養することで、食肉を生産する技術を「細胞農業」と呼びます。この技術は既に実現されており、海外ではすでに販売も開始されています。

魚肉についても、そのような動きがあり、それを今回「細胞水産業」と呼ぶことにします。細胞培養によって魚肉の生産が可能となると、水産業における様々な課題がクリアされる可能性がある一方、新たな課題も生じてくるものと思われます。

年々活発化してくる培養肉周辺の動向。今年は、大手水産企業と培養肉ベンチャーが提携を結んだり、ルール形成の動きが進んだりと様々な動きがありました。そして、来年2022年には、ついに米国にて培養魚肉が発売されようとしています。

既存の水産業にも大きな影響を与えそうな「細胞水産業」。その最新動向について解説するセミナーを昨年に続き、今年も開催します。

■魚介類の細胞培養肉生産「細胞水産業」最新動向解説セミナー2021

<とき>

2021/12/14(火)19:30~(1時間半程。最長でも21:00まで)

<ところ>

オンライン(Zoom上で開催します。参加者には別途URLを当日までにお送りします。)

<目的>

細胞培養技術の基本から、水産業を中心とした

最新動向を共有させていただきます

<登壇者>

細胞水産業を考える会 事務局長 長崎 一生

日本細胞農業協会 理事 杉崎 麻友

<プログラム>

19:30 ミーティングルーム開場

19:35 挨拶と本日の趣旨説明 (長崎)

19:40 「細胞水産業」の基本レクチャー(長崎)

19:55 「培養肉」2020年の動きと2021年に向けた動向まとめ(杉崎)

20:10 水産業の視点で最近の動きを捉える(杉崎、長崎)

20:25 まとめ(長崎)

20:30 意見交換、質疑応答

21:00 終了

<参加方法>

申込みフォーム( https://forms.gle/NyQivKaSAeBa69jj7 )よりお申し込みください。

※記載いただいたメールアドレスに、参加URLをお送りいたします。

<注意点>

途中参加、退出は自由です。参加中は、発言時以外、マイクをミュート設定にお願いいたします。イベントについては、録画を行い、後日参加者登録者のみに共有させていただきます。当日の参加が難しく、録画ファイルのみが欲しい場合は、申込みをし、その旨をフォームの連絡事項に記載ください。

<主催>

細胞水産業を考える会(さかなプロダクション内、事務局長:長崎 一生)

<事務局長プロフィール>

長崎 一生(ながさき いっき)/おさかなコーディネータ、日本細胞農業協会 正会員

漁師の家庭で18年間家業を手伝い、東京海洋大学を卒業。元築地市場卸。食べる魚の専門家として全国を飛び回り、自ら主宰する「魚を食べることが好き」という人のためのゆるいコミュニティ「さかなの会」は参加者延べ1,000人を超える。

東京海洋大学非常勤講師、水産研究・教育機構 開発調査センター 定置網漁業技術研究会委員等も務める。

※参考ページ
魚介類の細胞培養肉生産「細胞水産業」 最新動向解説セミナー2021  12月14日オンラインにて開催決定!(@PRESS)

【筆者プロフィール】
さかなのNEWS編集部
魚、漁業、水産業のことを「広く」「深く」「ゆるく」伝えています。

関連記事

オンライン謎解きゲーム「海なぞ水族館2021」人気VTuber との公式コラボ配信決定!

最新鋭のスマートストアでサバの解剖ショー!「さかなの会」が久々のリアルイベント10/2実施

子供におススメな「魚の本」|おさかなコーディネータが今年、母校に贈った本はコレ!

魚肉も細胞を育てる時代へ|培養肉に関する学術集会「第3回細胞農業会議」を8/29開催

近大マグロの今|ニュートン別冊「近畿大学大解剖Vol.2」にて養殖研究の最新動向が掲載

ブランドアジ界で注目の「めいつ美々鯵」|5月29日にオンラインアジナイトも開催決定!